無在庫転売の具体的な流れを解説!流れを掴めば応用も可能!

yUです。

今回はメルカリを使った無在庫転売の
流れについて具体的に話していきます。

転売自体の流れを知らない人も
これを読めば流れは掴めるかと思います^^

この流れを知ってしまえば応用や
他販路でも活用可能です。

今回は大まかな外枠・流れ
を捉えてもらえれば大丈夫です。

無在庫転売(出品)

まず、売りたい商品を決めます。

売りたい商品は何でも良い
わけではありません。

自分が商品を売る販路で
何が売れ筋かをリサーチし、
売れている商品を出品していく感じです。
(リサーチの仕方はまた後日配信します)

この時点では出品した商品は
手元にありません。

仕入れ金ゼロ円の状態です。

無在庫転売(仕入れ)

出品すると購入希望者から
アクションがあります。

何らかのコメントがあったり、
気に入った商品として「いいね」
が押されたります。

その後、実際に購入手続き・入金を
してもらったらここで売れた商品を仕入れます。

この段階で注意点は「入金」
されてから仕入れるということです。

「購入手続き」の時点で商品を仕入れてしまうと、
商品の「キャンセル」ということも考えられるので
気を付けたほうが良いです。

そんな頻繁にキャンセルが
あるわけではないですが、

リスクを減らすためにも「入金」
が済んでから仕入れるようにしましょう。

ここが無在庫転売での
ポイントになっています。

ちなみに、仕入れはネット
を使うことをお勧めします。

無在庫転売(発送)

「仕入れる=商品が自宅に届く」

これをイメージする方が多いですが、
商品を自宅に届けずに、購入者の元へ
直接商品を届ける方法があります。
(これも後ほど詳細を配信します)

忙しい方だと商品を受け取れなかったり、
発送作業が面倒という方も多いので、
直接購入者に届けることができるというのは
大きなメリットになります。

ちなみに、ここまでの方法は
全てネットで完結できる内容です。

極端な話、
家から一歩も出ず、
梱包などもせず、
出品、仕入れ、発送が可能です。

忙しい方でもこの環境下であれば
時間を作って作業することは可能です。

発送までしてしまえば後は
商品が購入者の元へ届くまで待ちます。

到着後は購入者から「受取評価」をしてもらうので、
評価をしてもらった後に、出品者も同様に
購入者を評価し取引終了といった感じです。

とてもシンプルな流れなので
難しいことはないかと思います。

友達追加はこちら↓↓↓
友だち追加

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする