メルカリの影響で「仕入れられない」「売れない」リユース業界に異変!

yUです。

最近、メルカリがリユース業界
脅威になっているといった内容の
ニュースがありました。

リユース業界とは有名どころだと
ハードオフやブックオフなどが
あげられます。

簡単に説明すると
お客さんから買い取った商品を
販売するといった流れで事業を
行っている業界です。

リユース業界は仕入れが難航!

皆さんも一度ぐらいは自宅にある
不要な物をリユース店に持ち込み、
買い取ってもらった経験が
あるかと思います。

もちろん、私も学生の頃に
リユース店にいらない物を
持っていった経験があります。

しかし、買取金額の結果に
満足したことは一度もありません。

中には値段が付けられないと
言われた商品もありました。

でも、不要な物だし、
持って帰るのも面倒だし、
買取結果には満足していないけど、
買い取ってもらうというケースが
多かったです。

服を何十着持って行っても
買取金額が数十円、数百円
だったりしたこともありました。

本当にその査定合っているの?
と疑ってしまうレベルです。

こういった不満を
取り除くことができる
メルカリなどのフリマアプリ
の影響が大きくなってきています。

メルカリであればリユース店で
売るよりも高く売れることの方が
圧倒的に多いです。

また、買い取れないと言われた
商品にも値段が付きます。

こういった状況ができた時、
皆さんはどちらで商品を
売りたいですか?

リユース店は即換金という
大きなメリットがありますが、
即現金が必要という場合でなければ
フリマアプリで売った方が
メリットは大きいかと思います。

その結果、リユース店での
商品の仕入れが状況が
厳しくなっています。

買うのもフリマアプリ

また、出品者だけでなく、
購入者にもメリットはあります。

例えばこんなケースもあるでしょう。

A商品がリユース店では
500円で買取、1000円で販売。

しかし、メルカリであれば
800円で取引成立。

リユース店は実店舗の維持費、
人件費など様々な経費が
商品に含まれています。

なので、安く買い取って、
高く売るといった値段の
幅が大きくなりがちです。

なので、購入者側から見ても
お店で買うよりメルカリで
購入した方が安いということが
多くなります。

お互いにメリットです。

もうリユース店の存在価値が
なくなってきてしまいます。

とはいえ、リユース業界は大きく、
大手企業もたくさんあるので
このまま衰退だけしていくとは
考えにくいことではありますが、
今はフリマアプリが大きく
リードしている状況ですね。


友だち追加

 

 

転売プレイヤー必見!!
転売・物販最強ツール

 

利益が出なかったら
「完全返金保証付」の

安心オススメ転売塾!

 

オススメのフリマアプリ
自動出品ツール(可動中)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする