メルカリ、比較画像を追加して「悪い」評価のトラブルを避ける方法!

yUです。

ネットで買った商品が
自分の思っていたイメージと
違うという風に思った事は
ありませんか?

もしくは商品を売った相手に
イメージと違ったと言われた事は
ありませんか?

出品者としても実物に近いように
写真を撮りますが、どうしても
実際に見た商品とフィルムを通した
商品とでは人によっては受け取る
イメージが異なる事があります。

色合い、雰囲気、大きさ様々な
要因があるでしょう。

そういったものに関しては
実際に目に見たものに
100%近づけるのは困難です。

先ほども言ったように
フィルム越しなので若干の
ズレが生じる可能性があります。

しかし、「大きさ」に関しては
カバーする事が可能です。

要するに
「想像より大きかった」
「想像より小さかった」

というようなクレームを
避ける方法です。

なぜ想像のサイズと異なってしまう?

例えばピアスの商品ページを
作るとしましょう。

商品画像を登録したり、
説明文や商品のサイズを
記載するかと思います。

では、商品サイズを見て
例えばピアス全体の大きさが
3cmと書いてあった場合、
どのぐらいの大きさか
想像は付きますか?

大体の大きさは
想像がつくでしょう。

想像がつくのでわざわざ定規を
持ち出して3cmを計る人は
少ないかと思います。

そうすると、購入者の頭の中では
自分で想像している3cmの大きさと
商品画像のイメージだけで商品を
購入する事になってしまいます。

そもそもサイズなんか見ずに
画像だけで判断する人も多いです。

この事により
「想像より大きかった」
「想像より小さかった」

といったクレームが発生します。

では、どのように回避するのか?

比較画像を使って回避

大きさの相違は比較画像
使えば簡単に回避可能です。

例えば先ほどのピアスであれば
目盛りのついた定規をピアスの
隣に置いた画像を用意すれば
その大きさは一目瞭然です。

また、定規でなくとも
10円玉、100円玉といった
硬貨だったり、スマホだったり
比較画像は世間一般的に大きさが
把握されているものであれば
何でも良いです。

説明文をあまり見ずに
購入する人は多いですが、
画像を見ずに購入する人は
いないので尚更効果的です。

こういった比較画像を
1枚用意しておくと
トラブル対策になります。

是非参考にしてみて下さい。

友達追加はこちら↓↓↓
友だち追加

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする