メルカリが取り締まり、規制を強化?その対策内容とは!?

yUです。

現金の取引が
多数行われていたことが
公になったメルカリですが、
今後は今まで以上に不正取引の
監視に力を入れていくと
正式に発表しました。

今回の件は全国区の
ニュースでも取り上げられ、
とても話題になりました。

メルカリとしても
強化せざるを得なくなった
という感じでしょう。

今回の監視強化が
転売している人たちに
どういう影響を及ぼすかは
まだ分かりません。

しかし、監視を強化する
ということであれば
こちらも気を引き締めて
活動をしていく必要があります。

具体的にどう取り締まるの?

メルカリが今までどのような方法で
ユーザーを監視していたかは
あまり知られていませんでした。

しかし、今回の報道で
少し分かったこともあります。

まず、目視による監視です。

メルカリの社員、アルバイトが
目視で違反している商品が
ないかをチェック。

この様子はニュースでも
流れていた映像です。

その他にも当然ですが
監視ツール
ある
ということも
分かりました。

なので、監視ツールで不正行為、
出品禁止商品をとりしまりつつも、
人の目視によるチェックも
行われていたということになります。

これ以外にも一般ユーザーからの
通報もあるでしょう。

通報があった場合は
通報後30分程度で削除を行い、
削除依頼があった場合も事実確認後、
1〜2日以内で対応するとのことです。

その他、問い合わせに関しては
12時間以内に対応し、
広範囲に確認が必要な
事案に関しても24時間以内に
対応するとしています。

これだけの対応を行うので、
200人以上の人数をかけて
年中無休、徹底的に行うようです。

更に・・・
不正行為を防ぐために
ユーザーのアカウント登録時
取引時、現金の引き出し時など
複数回のチェックを行っていく
とのことのことです。

この部分は少し怖いですね。

今のところ何も
影響はありませんが、
今後何か変わった様子があれば
お伝えしていきます。

昨年末は転売者による大量出品が
問題になり「出品方法」に対して
規制が強化されました。

今回は「出品内容」についての
規制が強化されることでしょう。


友だち追加

 

 

転売プレイヤー必見!!
転売・物販最強ツール

 

利益が出なかったら
「完全返金保証付」の

安心オススメ転売塾!

 

オススメのフリマアプリ
自動出品ツール(可動中)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする