メルカリで現金売買が多発で出品禁止に!何故紙幣が売れるのか!?

yUです。

メルカリで現金が実際の
金額よりも高い値段で売られ、
そして多数購入されていると
話題になっています。

元々、メルカリでは
コレクターに好まれるような
古い紙幣や硬貨、記念硬貨、
製造ミスで生まれた硬貨などの
取引は行われていましたが、
今回のケースは違います。

どれも現在発行されている紙幣で、
誰もが持っている紙幣なのです。

実際に取引が行われているものとしては
1万円札1枚が1万3千5百円。
1万円札2枚が2万7千円。
1万円札4枚が4万7千円。

などなど驚きの価格で取引は
多数行われています。

では、何故現在発行されている
紙幣が金額以上の価格で出品しても
売れるのでしょうか?

クレジット枠の現金化

購入する人は
クレジット枠の現金化を
目的としています。

出品する側はお金がない人を
ターゲットとしています。

この方法であれば
現金が手元に全くない人でも
唯一クレジットカードを
持っていれば簡単に現金を
手に入れることが可能です。

本来、現金が必要であれば
金融機関から融資してもらう
という方法があります。

しかし、お金を借りるにも
審査があります。

過去にも多額のお金を借りていて
返済が滞っていると審査が通らず、
お金を借りることができません。

また、即日必要な場合は
更に難しくなってきます。

なので、本来の紙幣の価値より
少し高くても買ってしまう
ということになります。

買った方は一時的に現金を
手に入れることはできるので
困った時に便利かと思います。

しかし、クレジットカードを
利用して購入しているので
後々その分の請求がきます。

また、ただでさえお金がないため、
返済はおそらく「リボ払い」を
選択することになるかと思うので、
その分の金利も余計にかかります。

なので、本当に現金がなさ過ぎる人の
最終手段といったところでしょう。

マネー・ロンダリングの可能性も!?

メルカリでは元々
マネー・ロンダリングを目的とした
行為を禁止しています。

今回の行為はそれに抵触する
可能性があるとして
メルカリ側も現金の
出品を禁止し始めました。

マネー・ロンダリングとは
犯罪などで得た不正な資金を
口座から口座へと移して出所や
受益者を分からなくする方法です。

仮に出品者が出品している現金が
不正資金だった場合はまさに
これにあたります。

メルカリでは現在、
24時間体制で
監視ツールや
スタッフの目視による
監視を
行い、禁止出品物の削除を
行っているとのことです。


友だち追加

 

 

転売初心者必見!

 

利益が出なかったら
「完全返金保証付」の

安心オススメ転売塾!

 

オススメのフリマアプリ
自動出品ツール(可動中)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする