利益激減!?値下げ交渉後に専用ページ作らないとメルカリで大変なことに

yUです。

皆さんもご存知の通り、
メルカリには専用ページ
といった暗黙のルールがあります。

取り置きする時
値下げ交渉をした時

こういった時に購入者から
専用ページの作成を依頼されたり、
自ら作ったりするかと思います。

中には依頼されない限りは作らない
といったスタンスの方もいます。

ただ単に価格を変えるそれだけです。

しかし、値下げ交渉後には
必ず専用ページを作った方が
よい理由があります。

最悪の場合、
利益が下がってしまう
恐れがあります。

専用ページを作らないと利益減少

もちろん他の人に買われないため
という理由もありますが、
それ以上に厄介なことを
防ぐためでもあります。

メルカリの利用者の多くは
商品を購入する前にその出品者が他に
どのような商品を出品しているのかを
見ている人が多いです。

過去の販売履歴も残っているので、
今から購入しようとしていた
商品が過去に安く販売されていたら
どう思いますか?

「私もこの値段で買いたい!」
・・・そう思うはずです。

転売をしている方であれば、
同じ商品を何個も売ります。

そのため、過去に出品した
値下げ交渉済みの商品と
最近出品した商品で価格差が
生まれてしまいます。

過去に値下げ交渉の末
1000円を700円にして
販売していた場合、
同じ値段で買いたいと
必ず交渉が来ます。

1つ手間が増えますし、
交渉に応じた場合は
利益も下がってしまいます。

しかし、専用ページにしておけば
そういった自体を防ぐことができる
ということです。

タイトルも「◯◯様専用」
画像も1枚目は関係のない画像です。

パッと見ただけでは
今から購入しようとしている商品の
価格が値下げされたページだとは
気付くはずがありません。

仮に2、3、4枚目に
商品の画像を入れていたとしても、
わざわざ専用ページを開いて
2、3、4枚目の画像を
チェックする人はかなり稀です。

専用ページの作成は利益を
守るためでもあるので、
手間と考えずに積極的に
作成してしまいましょう。

メルカリだけではなく、
ラクマ、フリルも同様です。


友だち追加

 

 

転売初心者必見!

 

利益が出なかったら
「完全返金保証付」の

安心オススメ転売塾!

 

オススメのフリマアプリ
自動出品ツール(可動中)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする