赤字・薄利覚悟の在庫処分セールは必要!アパレルは季節ごとに処分しよう。

yUです。

そろそろ3月も終りです。

本日はとても暖かく、
もう春が来ているなという
感じがすごくしますね。

ここまで暖かくなってくると
もう冬物は売れなくなってきます。

冬物のアパレル商品を有在庫で
抱えていてまだ在庫がある
という方は急いで売り切って
しまいましょう。

僕も先日ようやく冬物を
全部売り切ったところです。

アパレル物でも
商品によっては毎年売れる
定番商品もあるかと思います。

そのため、今季売れなかったら
来季まで保管しておく
という方もいるでしょう。

しかし、アパレルの季節ものは
その季節で処分した方が良いです。

処分した方が良い理由

流行りの問題

アパレルは流行りに強く左右されるので
基本的にそのシーズン売り切るのが
鉄則です。

仮に毎年売れる鉄板商品であっても
来季も売れ筋になるかは分かりません。

保管の問題

自宅保管の場合、アパレル系の商品は
かなり場所を取るかと思います。

しかも冬物であれば厚みがあるので
なお一層場所をとります。

そんなもに約1年間も場所を
取られていては邪魔です。

また、布製品なので
場合によっては傷んでしまったり、
何かの臭いが移ってしまう
可能性も高いです。

発送代行業者の倉庫に
預けている場合であれば
自宅の場所は取らないので
快適でしょう。

しかし、無料で倉庫を
貸しているわけではないので、
約1年分の使用料を
払い続けることになります。

出品数の問題

とりあえず出品しておけば
もしかしたら春や夏に売れる
かもしれません。

しかし、
今のメルカリは規制が厳しく、
1日の出品数もかなり
絞られています。

そのため、出品商品は
売れ筋商品のみで
攻めていくのが最も
効率の良いやり方です。

そういった意味で売れるか
どうかよく分からない
季節外れの商品を出品するのは
お勧めしません。

処分時期・処分方法

残りの在庫数にもよりますが、
本来であれば2月初旬頃から
徐々に値下げをして売っていくのが
ベストです。

なぜなら、一般的な服屋が
徐々に春の新作を店頭に
並び始める時期だからです。

値下げにも積極的に
応じていった方が良いです。

僕としては赤字にならない程度の
値下げであれば受けてしまいます。

物によっては多少の赤字でも
仕方ないと判断する時があります。

約1年間在庫として
保管するデメリットと
多少の赤字で売るデメリット
これを天秤にかけてどちらの
デメリットが大きいかを
量った結果です。

まだ間に合う?

3月下旬なのでまだ
ギリギリ間に合う時期です。

可能性としては十分です。

在庫として残すことと
薄利または多少の赤字で
売り切ってしまうこと
どちらが良いのか考えて
早めに行動しましょう。


友だち追加

 

 

転売初心者必見!

 

利益が出なかったら
「完全返金保証付」の

安心オススメ転売塾!

 

オススメのフリマアプリ
自動出品ツール(可動中)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする