なぜこんなコメントが?メルカリで購入者が値上げ交渉を行う理由とは!?

yUです。

タイトルを見て
「なぜ値上げ交渉するの?」
と思った方もいるでしょう。

しかし、値上げ交渉は
実際に起こり得ます。

頻繁にではないですが、
僕も実際に値上げ交渉を
受けたことがあります。

では、なぜ値上げ交渉を
申し込まれることが
あるのでしょうか?

値上げ交渉を申し込まれる理由

まず、値上げ交渉が
起きるのはメルカリが
何かしらのキャンペーンを
行っている期間です。

つい最近だとAKB48の
「こじはる」こと小嶋陽菜さんの
卒業を記念して私物のプレゼント
をしている企画なんか良い例です。

この企画は1000円一口で
応募ができるようになっています。

そうすると、
1000の倍数でない金額の場合、
1口分損してしまいます。

1000円であれば1口、
2000円であれば2口、
3000円であれば3口、

というように1000の倍数であれば
損することなくキャンペーンに
応募することができます。

しかし・・・

金額を少しでも安く見せようと
980円や1980円、
999円や1999円、
などの金額の場合は
1口損してしまいます。

980円であれば20円足りなくて
そもそも応募できない。

1980円であれば1口は
応募できるが20円足りなくて
もう1口は応募できない。

こういったことが起きます。

そういった金額で商品を
出品している人には値上げ交渉が
申し込まれたりします。

999円であれば1円値上げてください、
1980円であれば20円値上げてください、

というようにキャンペーンに
応募したい人がキリの良い
金額で購入しようと値上げの
交渉をしてきます。

出品する側としては
損はしないので値上げて
購入してもらうのが
良いでしょう。

最初からキリの良い値段で出品

では、キャンペーン中は
値上げ交渉を待てば良いのか?

いや、そうではありません。

冒頭でも言ったように
値上げ交渉は頻繁にはありません。

なぜなら、値上げ交渉しなくても
最初から1000円とか2000円とか
キリの良い金額で出品している商品を
購入すれば良いからです。

こういったキャンペーンを
意識している出品者は
キャンペーンが始まると
出品金額をキリの良い
値段に変更してきます。

普段は値段を安く見せるために
980円や999円といった
効果は良いかもしれません。

しかし、キャンペーンの時は
その値段が仇になることもある
ということを覚えておいて下さい。


友だち追加

 

 

転売ユーザー必見!

 

利益が出なかったら
「完全返金保証付」の

安心オススメ転売塾!

 

オススメのフリマアプリ
自動出品ツール(可動中)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする