フリマアプリ「ブクマ」とは?本に特化した新しい販路の可能性

yUです。

皆さんは「ブクマ」という
フリマアプリを知っていますか?

「最新のフリマアプリ?」
と思うかもしれませんが、
実は去年の8月にリリース
されたアプリです。

今まではあまり注目されていなく、
利用者も少なかったのですが、
今年に入り利用者が増えてきました。

本を大量に売る場合、
大変な思いをして古本屋に
本を持っていったとしても
ビックリするぐらい安い値段で
買い取られることが多いです。

そういったこともあるので、
このような市場は需要が
あるのかもしれないです。

ブクマの特徴は?

ブクマの大きな特徴としては
本に特化したフリマアプリ
ということです。

そのため、本以外の出品は禁止です。

本といえばAmazonで購入するよ
という方が多いかもしれません。

紙の書籍はもちろん、電子書籍の
販売も行っているAmazonの存在は
非常に大きいです。

しかし、最近はフリマアプリでの
出品や購入が若者の間で
流行っています。

実際、メルカリやラクマでも
本の売買は多く行われています。

出品がとても簡単!

ブクマのHPを見ると
「世界最速10秒で出品できる」
と大々的に謳っています。

正直最初は疑っていましたw

しかし、実際に出品してみると
それは本当に可能でした。

なぜ10秒で出品が
できてしまうのか?

それは、出品は本のバーコドを
ただ読み込むだけだからです。

読み込みが完了すると
写真や説明文が勝手に
読み込まれます。

あとは価格やその他の情報を
選択するだけです。

その他のアプリでは
このような機能はないです。

従来であれば画像を撮ったり、
説明文を考えたりという
作業が必要でした。

しかし、ブクマはそれらを
行う必要がありません。

ここがブクマの強みです。

実際使ってみての感想

シンプルな画面なので見やすく、
操作も非常に簡単です。

購入後はLINEのような
チャット画面でメッセージの
やり取りを行います。

馴染みのある画面なので、
受け入れやすいのかと思います。

古本屋に持っていっても
数十円しかならなかった本も
ブクマであればそれ以上の値段で
売れる可能性が非常に高いです。

また、本好きが集まるアプリなので、
本を出品する場合はメルカリや
他のフリマアプリに出品するよりも
売れやすいでしょう。

絶版になった本
なかなか手に入らない本
仕入れることができれば
本でも大きな利益を得られます。

書籍を扱っている人には
新たな市場として販路を
広げていくことをお勧めします。

 

友だち追加

 

 

 

転売プレイヤー必見!!
転売・物販最強ツール

 

完全返金保証付!
オススメの転売塾

 

オススメのフリマアプリ
自動出品ツール(可動中)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする