メルカリ、取引相手は誰?トラブル防止のためにも時にはブロックを!

yUです。

ネットショッピングでの取引は
相手がどのような人物か
全く分かりません。
なので、基本的には誰でも
取引相手になりえます。

しかし、時には相手を選んで
取引することも大切です。

即購入の場合はどうしようもないですが、
それ以外の時に参考にしてもらえればと
思います。

なぜ取引相手を選ぶ必要があるのか

まず、ネットの中なので
相手がどんな人物なのかを
判断するのは難しいと思います。

なので数少ない情報で
相手がどのような人物かを
判断していく必要があります。

判断材料としては
・メッセージでのやり取りの雰囲気
・その人に付いている評価内容
・フロフィール欄
この辺をよく見ていくのが
良いと思います。
短い期間とはいえ、
トラブルメーカーみたいな人と
取引をしてしまいますと
手間がかなり増えます。

手間が掛かったのにもかかわらず、
返品・返品になっても面倒です。

また、意味もなく良くない
評価を付けられる
恐れがあります。

こういったことを防ぐためにも
事前に取引を行う相手が
大丈夫な人物かどうかを
見定めることも時には大切です。

なので、問題がありそうな人は
取引に応じないということも
頭に入れておくと良いです。

何を優先するのか

ただ、取引相手を選定してばかりでは
商品は売れません。

購入の敷居が高くなってしまい、
売れる物も売れなくなります。

各々の考え方にもよって
変わってくると思いますが、
・トラブルになる可能性
・1つでも多く売って利益にしたい
この2つを天秤に掛けて
利害得失などを比較してみましょう。
ちなみに、僕は今までかなりの
取引を行ってきていますが、

取引を断るor購入されそうになって
ブロックした人はたった2人だけです。

1人目はかなり図々しい方です。
タメ語、文句ばかりの人でした。

散々文句ばかり言って、
最終的には

「じゃあ、それで買うよ。
早く金額変えて。」

と言ってきたのですが、
取引中にトラブルになる可能性が高く、
更に変な評価を付けられそうだったので
購入前にブロックしました。
2人目は購入希望のコメントが
ありましたが

「悪い」評価が異常に
多かったので断りました。

こんなに「悪い」評価が
付く人っているんだ・・・
って感じでしたw

そこまで過敏に
反応する必要はないですが、
時にはそういった判断を行うことで
トラブル回避も可能です。

どうせ行う取引であれば
気持ちの良い取引をした方が
気持ちも良いですからね。
今まで取引相手について
あまり意識していなかった方も
これを期に気にかけてもらえばと思います。

友達追加はこちら↓↓↓
友だち追加

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする