激化するネット業界の価格競争!メルカリでも多発!そのデメリットは?

yUです。

ヤフオク、Amazon、フリマアプ
どの販路でもそうなんですが、
価格競争を巻き起こす人って
必ずいますよね。

何か考えがあって
価格競争をするのであれば
それも1つの戦略です。

しかし、中には何の考えもなしに
無意識のうちに価格競争を
引き起こしている人がいます。

何かのブログやどこかの人の
「最低でも利益◯◯円はとるようにしよう」
の言葉を素直に聞きすぎて全ての商品の
価格設定を
「利益1000円取れる価格」
で設定する人。

取り敢えずで価格設定する人。

自分の商品を売りたいがために、
利益無視で常に最安値で出品する人。

これだとせっかく今以上に利益が
取れる商品を持っていても価格設定が
最悪なので勿体なさすぎます。

こういった相場を知らない、調べない
初心者的の人が無意味な価格競争を
起こしている場合があります。

こういう人は永遠に価格競争と
戦い続けなければいけません。

価格競争によるデメリット

たしかに一時的には売れますが、
相場よりも利益は取れません。

また、他の出品者も価格競争に
乗ってくる可能性は高いので、
相場価格もあっという間に
下がってしまいます。
そうするともうこれ以上下げられない
という値段まで下がっていき、

最終的には利益が
取れなさ過ぎてその商品の

扱いを止めなければいけなくなります。
本当であれば長い期間売れ筋で
扱っていくことができた商品を
数ヶ月で
終息させてしまいます。

出品者側時からしたら損しかないですね。

利益が取れる商品をわざわざ薄利にして、
さらに短期間で終息させることになります。

また、価格競争で戦っていくには最終的に
薄利多売で行っていくことになります。

薄利多売でも良いという人もいますが、
僕の考え方としては逆ですね。

回転率も重要ですが、
利益率を重視しています。

利益の取れる商品を安定数販売
していく方が利益も安定してきます。

薄利多売のデメリットは
商品在庫の確保、
取引などの手間が増える。

といった感じです。

在庫の確保でいうと仕入先の在庫の
問題にもなってきます。

仮に在庫があったとしても数で勝負
していくのでそれなりの資金も
必要になってきます。
ちなみに、メルカリの場合はズバ抜けて
高い価格でなければ普通に売れます。

最安値を目指す必要はありません。

なので、数百円程度であれば
価格競争に乗り込む必要性もないです。

価格競争に巻き込まれない、
引き起こさないためには

・闇雲に価格を下げない
・飽和していない商品を扱う
・相場を調べて価格設定を行う

これらのことをしっかり
覚えておきましょう。


友だち追加

 

 

転売プレイヤー必見!!
転売・物販最強ツール

 

利益が出なかったら
「完全返金保証付」の

安心オススメ転売塾!

 

オススメのフリマアプリ
自動出品ツール(可動中)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする