購入者必見!「商品が届かない」「破損していた」メルカリでトラブルにならない秘訣!

yUです。

今回は購入者側
立場で書いていきます。

出品者は皆が皆、
完璧に取引を行えないです。

悪意はないけど取引に慣れていない人、
悪いことをしていると自覚している人、

そういった人も当然います。

なので、商品の購入後や到着後に
何らかの不測の事態が起こる
可能性があります。

例えば
入金したのに商品が送られてこない
開封したら破損していた
開封したら違う商品だった
説明文と違った
偽物だった

などなど、間違いなく商品が完璧な状態で
届くということは断言できません。

これはAmazonや楽天などの普通の
ネットショップで買い物をしてもそうです。

さすがに商品を送らなかったり、
偽物を送るということはしませんが、
誤発送や、配送時に破損してしまった
ということは十分に考えられます。

では、こういった場合、
どうしたら良いのでしょうか?

受け取り評価はしない

商品に問題があれば
「受け取り評価をしない!」
これは絶対覚えておいてください。

早く売上金が欲しいからといって
商品が届いていないにもかかわらず、
受け取り評価を迫ってくる
悪質な出品者もいます。

この行為は本当に危険なので、
必ず商品の状態を確認してから
受け取り評価をするようにしましょう。

なぜ危険なのか?

受け取り評価をしてしまったら最後、
取引は問題なく済んだと判断され、
事務局は関与してきませんし、
お金は100%戻ってきません。

つまり、商品を受け取っていない状態で
受け取り評価をしてしまうと、

相手が商品を送っていればまだ良いですが、
送っていない・送るつもりがない場合、

お金だけ払って、商品は受け取れない
という事態が発生します。

出品者に文句を言ってもシカトされてしまえば
それから先は何もできませんし、
メルカリ事務局も関与しません。

他の場合もそうです。

受け取ったのだから一旦、
「受け取り評価」をしてその後に
破損していたものを交換してもらおう
偽物だったので返品しよう
説明文と違ったから返品しよう

と考えていたとしても、
受け取り評価後では出品者から
「破損はありえない」
「間違いなく本物だ」
「受け取り評価後の対応はできない」
などと言われてしまえばそれまでです。

受け取り評価前であれば最終的に
メルカリ事務局も対応してくれるので、
出品者も対応せざるを得なくなります。

逆に、受け取り評価をしなければ
お金を支払わずに済む
というわけでもありません。

正当な理由なしに受け取り評価をしない
悪質な購入者への対策もされています。

詳しくはこちら↓
メルカリの受け取り評価をしてくれない
トラブルは期限を過ぎたら催促

なので、

・受け取り評価は商品到着後、
商品状態を確認してから行うこと。

・商品に問題がなければ速やかに
受け取り評価を行うこと。

この2点を覚えておいて下さい。


友だち追加

 

 

転売プレイヤー必見!!
転売・物販最強ツール

 

利益が出なかったら
「完全返金保証付」の

安心オススメ転売塾!

 

オススメのフリマアプリ
自動出品ツール(可動中)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする