稼げると人気のハンドメイドの裏側で苦悩する作家さんたち

yUです。

ハンドメイドはフリマアプリで
人気のあるジャンルの1つです。

1つ1つの作品に個性があるので、
唯一無二の商品です。

通常のお店では
見かけることのないデザイン。

自分だけのオーダーメイドのデザイン。

様々なハンドメイド作品が
出品されています。

特にアクセサリー系が多いですね。

最近ではハンドメイドで
生計を立てている主婦の方が
メディアに取り上げられることも
とても増えてきました。

それだけ話題のジャンルでもあります。

しかし、メディアの取り上げ方が悪く、
悪影響を及ぼしています。

メディアの悪影響

メディアの取り上げ方は
材料費を安く抑えてアクセサリーを作り、
それで稼ぐ副業として紹介しています。

具体的には・・・
材料費180円で
販売価格1180円!

捉え方によっては、
材料費安いのに、
販売価格高くない!?
と思う人が出てもおかしくない表現です。

その影響でハンドメイド作品に対する
心無い値下げが多発しています。

心無い値下げ交渉

メディアの影響は大きく、
ハンドメイド=材料費が安い
価格を結構上乗せしている

というイメージが先行してしまいました。

そのため、

材料費安いでしょ?
もっと値下げしてほしい。

価格に上乗せしすぎじゃない?
もっと良心的な値段にしてほしい。

素人が作った商品なんだから
もっと安くするべき。

という身勝手な値下げ交渉が
ハンドメイド作家さんたちの
心を傷付けている次第です。

見えない付加価値と費用

私の知り合いにもハンドメイドで
アクセサリーを作っている人が
いますが、結構大変です。

・作成するための道具を揃える。
・デザイン、サイズ、色を考える。
・材料を仕入れる。
・試作品を作ってみる。
・試行錯誤の結果、形が完成。
・販売用の商品を作る。

このように材料だけでなく、
時間、知識、労力、技術なども
使っています。

ハンドメイドは誰でも簡単に
真似できるものではないです。

素人であろうと、時間をかけて
考えて作っているわけなのですから
デザイン費、技術費を加えても
文句はないはずです。

その他販売手数料、送料、梱包費
などなど結構費用はかかっています。

なので、
材料費だけを引き合いに出して
値下げ交渉するのは失礼です。

最後に

ちなみに、ハンドメイドだけではなく、
既製品を仕入れている場合も同じです。

「原価で売って下さい」と滅茶苦茶な
値下げをしてくる人もいますが、
既製品だって何らかの労があって
仕入れられているわけです。

その人しか仕入れられない
ルートがある。

何らかの仕入れ条件を
満たした人だけが仕入れられる。

ロットでまとめて仕入れている。

などなど。

販売されている商品には目に見えない
付加価値や費用がかかっている
ということは忘れないでほしいです。

なので、何でもかんでも
「原価が・・・」
「材料費が・・・」

という交渉は売り手、作家としては
気持ちの良くない価格交渉ですね。


「副業がしたい」
「副収入が欲しい」
「起業したい」

そんな方はご相談下さい。

私も会社員の副業から始まり、
起業することができましたので、
様々なアドバイスが可能です。

 

相談はLINE@から個別で
受け付けております。

 

LINE@で友達追加してくれた方には
最新の情報を定期的に配信致します。

 

また3大特典もプレゼント中です。

①公にはされていないツールの使用権利
通常では絶対に使用できないものです。

 

商品を激安卸値で仕入れつつ、
 商品を真似されない
仕入方法

この方法で仕入れている方は
かなり希かと思います。

商品や仕入先を増やしたい
もっと安く良い商品を仕入れたい

そんな方にオススメの情報です。

 

転売初心者が6ヶ月で
月収100万円を達成した方法

私の知り合いで実際に稼がれた方のお話です。
誰でもできる方法なので参考にして下さい。

 

情報や特典だけ欲しい
という方も大歓迎です。

友達追加はこちら↓↓↓
友だち追加

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする