メルカリの値下げのタイミングはいつか?値下げ後の価格はいくらがベストか?

yUです。

値下げ交渉された時とは別に
メルカリで商品が売れない時などは
価格の見直しということで値下げを
行う方がいるかと思います。

しかし、値下げのタイミングや
値下げ後の価格はしっかり考えて
行わなければいけません。

そこで今回は

値下げのタイミング
値下げ後の価格

について話をしていきます。

値下げは慎重に

まず、値下げは慎重に行なって下さい。

Amazonなどは相乗り出品、
カートの取り合いの都合上、
価格が重要になってきます。

しかし、メルカリやラクマなどでは
最安値で出品しなければ売れない
というわけではありません。

値下げは利益を減らす行為なので、
本当に値下げが必要かどうかは
しっかり見定めましょう。

値下げのタイミング

値下げを行うのは売れないから
というのが大きな理由かと思います。

しかし、その売れていない理由が
本当に値段なのかを確認しましょう。

値段が原因なのではない
可能性も十分考えられます。

原因が商品画像かもしれませんし、
説明文、タイトルかもしれませんし、
出品時間かもしれません。

値段以外に原因があるにも関わらず、
値段を下げても意味がないです。

あとは、値引き該当商品の取引中に
値下げを行うのは良くないです。

例えば・・・

A商品1000円で買った購入者と
取引中なのにも関わらず、
A商品を500円で出品するなど。

購入者からすると自分が1000円で
購入している同じA商品が
500円で販売されていたら
損した気分になりますね。

評価にも影響する場合があります。

なので、値下げを行おうとしている商品が
取引中でないかも確認しておきましょう。

値下げ後の価格

値下げ後の価格は同じ、似た商品を
扱っている出品者がいる場合は
安くてもその値段に合わせましょう。

冒頭でも言いましたが、
メルカリやラクマでは最安値を
狙う必要は全くありません。

むしろ最高値でも売れます。

初心者の方は最安値を
狙っていきがちですが、
同じ商品、似た商品を
扱っている出品者が
同じ思考を持っていた場合、
終わりのない価格競争が
ずっと続きます。

今まで利益が取れていた商品も
あっという間に利益が全く取れない
商品になってしまいます。

勝算があるのであれば別ですが、
ただ単に最安値を狙おうという
安易な考えは完全アウトです。

最安値を狙い続ければ
最終的に必ず自滅します。

最後に

値下げのタイミングとしては・・・

価格以外で売れない原因を全て潰す。
取引中の商品と同じ商品は値下げしない。

値下げ後の価格としては・・・

最安値は狙わない。
安くても最安値の価格に合わせる。

こういったことを意識して
値下げを行なっていきましょう。


「副業がしたい」
「副収入が欲しい」
「起業したい」

そんな方はご相談下さい。

私も会社員の副業から始まり、
起業することができましたので、
様々なアドバイスが可能です。

 

相談はLINE@から個別で
受け付けております。

 

LINE@で友達追加してくれた方には
最新の情報を定期的に配信致します。

 

また3大特典もプレゼント中です。

①公にはされていないツールの使用権利
通常では絶対に使用できないものです。

 

商品を激安卸値で仕入れつつ、
 商品を真似されない
仕入方法

この方法で仕入れている方は
かなり希かと思います。

商品や仕入先を増やしたい
もっと安く良い商品を仕入れたい

そんな方にオススメの情報です。

 

転売初心者が6ヶ月で
月収100万円を達成した方法

私の知り合いで実際に稼がれた方のお話です。
誰でもできる方法なので参考にして下さい。

 

情報や特典だけ欲しい
という方も大歓迎です。

友達追加はこちら↓↓↓
友だち追加

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする