郵便番号は間違えても届くが、遅延トラブルの原因になりかねない!

yUです。

送り先住所が違う場合、
当然ですが商品は届きません。

では、住所は合っているけど、
郵便番号だけ違う場合は
どうでしょうか?

実際、住所は正しく
登録されているのに、
郵便番号だけを間違えて
登録している人が結構います。

郵便番号間違え

よくある間違えのパターンとしては、
引っ越したばかりで
住所を書き慣れていないがため、
郵便番号だけ旧住所の番号を登録。

番号が逆になっている。
正しくは111-1121なのに、
111-1211とか。

登録後も意外と気付かずに
間違えたままの状態に
なっている方がいます。

遅延の可能性

結論から言うと
郵便番号は間違えていても、
最終的に住所で判断されるので、
ちゃんと相手の元に届きます。

しかし、場合によっては
到着が遅れる場合があります。

郵便物はまず
郵便番号の自動判別機で
エリアごとに分けられます。

この時点で存在しない
郵便番号があるとエラーで
はじかれてしまいます。

エラーではじかれたものは
その後、人の手によって
正しいエリアへ選別されます。

この時点で時間がかかっているので、
到着まで若干の遅れが生じます。

また、記載した郵便番号が異なる上に、
実際に存在する郵便番号だった場合は
一旦、間違えた配達エリアに
配達されてしまいます。

この場合、住所を確認して、
正しい配達エリアにまた
送らなければいけないので、
上記の時よりも更に
時間がかかります。

クレームに繋がる

通常よりも到着が遅れるので、
クレームがくる場合があります。

元々の原因は購入者にあるのですが、
購入者も出品者も郵便番号が原因で
配送が遅れているということに
気付けていなかったりするので、

購入者からは
本当に送ったのか?」
「通知だけ先にして発送は
数日後に行なったのではないか?」

などと疑われてしまうこともあります。

対策

基本的に相手が登録している
住所を信じて発送を行うかと思いますが、
購入者に送り先の住所の確認ぐらいは
行なっても良いかもしれません。

相手の住所の
丁目や番地の直前までの住所を
コピペして、

「コピペした住所  郵便番号」と
Googleなどで検索すれば簡単に
郵便番号が正しいかどうか
調べることができます。

面倒であれば、
発送後、遅延している理由を
尋ねられた時に送り先の住所を
疑うこともしてもらえばと思います。

相手の登録ミスということを
指摘できれば相手は自分に
落ち度があったことに気付けるので、
それ以上の問題にはなりません。

最後に

簡単に避けられるトラブルや
事前に回避できるトラブルなどで
時間をかけたり、悪い評価を
付けられないよにしましょう。

ちょっとした確認で
簡単に避けられます。


友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする