メルカリで購入手続き後、入金後にキャンセル依頼された時の対応方法。

yUです。

購入された後に
どうしても取引をキャンセルしたい
そういう場面があるかと思います。

在庫切れの商品を買われた。
値段を間違えた商品を買われた。
専用ページを違う人に購入された。

理由は色々あるかと思いますが、
やるべき対処方法は同じです。

その流れについて説明します。

取引をキャンセルしたい

購入の手続きはされたけど、
入金がまだ済んでない場合は
入金しないでほしいという事を
急いで購入者に伝えましょう。

キャンセルしたい理由を
伝えて相手にちゃんと
納得してもらいましょう。

購入者の中には入金してしまえば
発送せざるを得ないだろうと思って
無視して入金しようと考える人も
いる可能性があるので、

「入金しても発送はできない」

「どちらにせよキャンセルの
手続きは行う」

こういったこともしっかりと
伝えることが必要です。

当然ですが、
こちらがキャンセルしてほしい
ということをお願いするわけなので、
申し訳ないという気持ちを忘れずに
メッセージは送って下さい。

メルカリ事務局は当事者である
購入者と出品者が共にキャンセルに
同意していないとキャンセルを受けて
ないので、必ず取引メッセージ内で
キャンセルに同意してもらわなければ
いけません。

メルカリ事務局は取引メッセージの
内容を見てお互いにキャンセルに
同意しているかどうかの
判断してきます。

購入者へ連絡が済んで、
キャンセルの同意がもらえたら
あとはメルカリ事務局に
連絡するだけです。

取引メッセージの内容を
確認されて早い時だと数時間で
取引はキャンセルされます。

ちなみに、代金入金済み
の場合であっても同じ手順で
問題ありません。

ただし、個人的な感覚ですが、
未入金状態でのキャンセルと
入金済み状態でのキャンセルでは
入金済み状態でのキャンセルの方が
メルカリ事務局からの印象が
悪いように感じられます。

こういった行為は蓄積で
ペナルティーを受けてしまうので、
未入金の状態であれば急いで
対応することが大事になります。

最後に

取引のキャンセルされることは
相手にとって面白い話ではないので、
通報される場合もありますし、
同じことが続くとメルカリ事務局から
マークされます。

今回は出品者目線で書いていますが、
購入者側も同じです。

「説明文よく読んでいなかった」
「支払うお金がなかった」
「やっぱりいらなくなった」
などなど。

通報された数、キャンセルされた数
が多いと、それは蓄積されていずれ
ペナルティーを受けてしまう
可能性があります。

なので、出品者は

発送できない商品が
出品されていないか?

出品価格や商品説明文に
間違えていないか?

などを出品する際や
出品中に確認すること。

購入者は

本当に欲しい商品なのか?

支払うお金はあるのか?

説明文はちゃんと読んだか?

などを購入前に確認すること。

こういったことを
怠らないようにしましょう。


友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする