知らぬ間に違法行為!海外ブランド品を転売する時に気を付けたいこと。

yUです。

海外ブランド品を扱う際に
気を付けたい注意点について
いくつか説明していきます。

ブランド品は高利益を狙える
メリットがある反面、
大きなリスクもあります。

仕入れ値も大きいですし、
下手したら法律違反を
犯すことになりますので、
要注意です。

今記事では違法性について
着目して説明していきます。

仕入先の選定

ブランド品を取り扱うにあたり、
大切なのは仕入先の選定です。

もちろん値段も大事ですが、
本物を扱っているかどうかの
選定が最も大事になります。

中国

ノーブランド商品であれば
中国仕入れはお勧めできますが、
ブランド品に関してはNGです。

中国は当たり前のように
偽物が販売されています。

規制も緩いので、
偽物がかなり浸透しています。

値段が「安い」という理由で
仕入れないようにしましょう。

中国で仕入れた偽物ブランド品を
販売して捕まった人が
過去に何人もいます。

必ず見つかります。

個人

国内なら大丈夫か?

個人間で取引を行うサイトで
仕入れるのも危険です。

例えばヤフオクや
フリマ系のアプリなど。

最近は取り締まりも
厳しくはなっていますが、
偽物ブランド品にもランクがあり、
高ランクのものだと素人には
見分けが難しいです。

身元がよく分からない出品者から
ブランド品を販売する目的で
仕入れるのは国内であっても
リスクがあります。

また、販売者も偽物を本物だと
思って販売している場合も
十分に考えられます。

偽物だと知らずに仕入れて、
販売した後に偽物だと発覚しても、
もう「時すでに遅し」です。

信頼できる仕入先から商品を
仕入れなければ知らないうちに
偽物販売という犯罪に手を染めて
しまう結果になってしまいます。

並行輸入品

では、中国ではない、
現地ヨーロッパなどから
輸入した本物であれば
問題ないのか?

商品が本物でも
また注意が必要です。

メーカーが認めた
正規輸入代理店以外から
国内に輸入された商品を
並行輸入品と呼びますが、
こういった正規ルート以外で
輸入された商品を販売する場合、
『並行輸入品』の表記が必要です。

並行輸入品は販売すること自体に
違法性はありませんが、
「並行輸入品」という表記を
せずに販売した場合は違法性を
問われる場合があります。

購入者からしたら並行輸入品は
正規のルートで輸入された
商品ではないか信じられない
と考える人もいるので、
こういった表記も大事です。

最後に

ブランド品の販売は
高利益が狙えるビジネスですが、
厳しい規制がとても多いです。

仕入れ値も高いので、
在庫を抱える場合は資金の運用

本物か偽物かを見極める目利きの力

ブランド品を扱うにあたっての
法律や必要な知識

こういったスキルを得る、
もしくは対応できる環境を
整えてから行うことを
お勧めします。

友達追加はこちら↓↓↓
友だち追加

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする