商品の発送ミスをしてしまったら「取り戻し請求」で対応可能!

yUです。

「商品の発送ミス」

こんな経験はありませんか?

送り先の住所を間違えたり、
商品を間違えたり、

パターンは様々ですが、
やってしまいがちなミスです。

そんな発送ミスを
してしまった場合の
対処方法について
説明していきます。

こういうことは
その時になってから
焦って調べるのではなく、
事前に知っておくのが
良いかと思います。

取り戻し請求

一度発送した配達物は
配送会社によって若干の
異なりがありますが、
取り戻し請求というものを
依頼することができます。

発送に郵便局を利用している方が
多いので、今回は郵便局を例に
挙げて説明します。

郵便局の配達方法を利用していて、
発送を止めてほしい
配達物を取り戻したい

そういう事態になったら
郵便局の窓口に直接行って
取り戻し請求を行いたいと
伝えれば用紙が渡されます。

その用紙に必要事項を
記載していきます。

ー記載する内容ー
・発送方法
・追跡番号(あれば)
・自分と相手の氏名や住所
・発送した場所や日時

この書類と身分証を提出して
取り戻し請求が完了します。

その後、
郵便局で該当配達物を
探してきてくれます。

配達物がまだ集荷された郵便局に
ある場合は無料で取り戻せますが、
集荷された郵便局から配達エリアの
郵便局へ向かってしまった場合は
全国一律570円かかります。

なので、取り戻しが必要だと
分かった時点ですぐに
動いた方が良いです。

ちなみに、配達を一時的に
止めるだけなら電話でも可能です。

先に電話で止めておいてもらって、
その後に郵便局に取り戻し請求を
行うという手順でも可能です。

そして最後に、
取り戻し請求を行なった配達物は
自分の家に配達されます。

対応としては早いので、
結構すぐに返ってきます。

購入者への連絡

メルカリ事務局への連絡は
特にする必要はありませんが、
発送の通知を行なっていた場合、
購入者への連絡はするべきです。

取り戻しを行なっていた分、
到着が遅くなりますし、
追跡番号がある場合は
相手に確認された時に

「差出人に返送 」
「取り戻しのため」

と表示されるので
不安になるかと思います。

そして、改めて発送する場合は
一言でも良いので、お詫びの
メッセージを同梱すると
印象は良くなります。

最後に

ミスを減らすことはできても
絶対に無くすことはできません。

大事なのはミスした後の
対処の仕方です。

ミスがあっても焦らず
やれることをやって
対処していけば大きな
ミスにはなりません。

友達追加はこちら↓↓↓
友だち追加

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする