メルカリのAIはポンコツ?思いがけない規制や凍結、まだミスが多い模様。

yUです。

メルカリはAIや人間によって
メルカリ内の監視を行います。

しかし、AIの監視にはミスが
多いように感じられます。

私のアカウントでも
明らかなAIのミスのせいで
違反のペナルティーを
受けそうになりました。

実例:AIのミス?

購入検討者Aさんとの
購入前のコメント欄での
やりとり途中での出来事です。

メルカリ初心者のAさんは
支払い方法について
訪ねてきました。

「直接口座に支払うのか?」

こういった内容の質問でした。

これに対して私は

「直接口座に支払うわけでない」

そういった旨の回答を結構丁寧めに
返したら、数分後にメルカリ事務局から
連絡が来ました。

・ガイド違反
『メルカリで用意された以外の
決済方法を促すこと』

『12時間のペナルティー』

直接振込はできないと
伝えたにも関わらず、
まさかのガイド違反です。

ここからは私の憶測です。

「直接口座に支払うのか?」
の質問に対して私が回答した内容は
かなり丁寧めな文章でした。

直接振込むことは・・・から始まり、
メルカリの支払い方法や
手数料の話もしました。

その結果、私が回答の文章の中で
使った単語の組み合わせで
AIがペナルティー行為と
判断したのではないか
と思っています。

例えば・・・
「直接」
「振込むor支払う」
「手数料」
「銀行」

文章の内容に関係なく、
こういった単語の
組み合わせを使用した
文章を使用したら

・ガイド違反
「メルカリで用意された以外の
決済方法を促すこと」

これに該当する・・・みたいな。

文章を読めば理解できるはずなのに、
それがペナルティー行為と判断された
ということはこのように機械的に
判断されたと考えています。

なので、あまり不要な単語は
使用しないほうが良いのかな
と思います。

その後、メルカリ事務局に
問い合わせたところの回答は
こうでした。

お問い合わせの件につきましては
事務局で確認のうえ、
問題のない投稿である胸を
確認いたしました。

とのことでした。

普通にやりとりの文章を
読んでもらえれば当然の回答です。

もちろん数日間のペナルティーも
解除されました。

おそらく、最初はAIで監視して、
その結果、問い合わせが来たら
人の目で再度確認を行なっている
のではないでしょうか?

メルカリは利用ユーザーが多いので、
流石に人の目だけで全てを
監視するのは無理なのでしょう。

以前、メルカリがメルカリ内は
AIと人間の目で監視していると
言っていたことがありましたが、
基本的にはAIで全体を監視して、
その監視結果に問題があった場合は
人が再確認しているというような
構図かと思います。

最後に

今回は勘違いされた
違反行為が軽かったために
メルカリ事務局で再確認を
してもらえたのかもしれません。

一発凍結の場合、
凍結を解除してもらった
という話は聞かないので、
AI独自の不要なペナルティーには
気を付ける必要があります。

おそらく、今のメルカリのAIは
ガイド違反しているかどうかを
判断する能力はなく、最終的に
人の再確認が必要な状態、
もしくは時間帯によって
AIだけで監視している
のではないでしょうか。

他にもAIの誤作動だな
と思うことがありましたが、
1番確実だった今回のケースを
紹介させていただきました。

今後メルカリのAIが
ガイド違反か否かをしっかり
判断できるものになってくれれば
良いなと思うところです。

友達追加はこちら↓↓↓
友だち追加

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする