取引トラブル!メルカリで「警察に言います」と言われた経験ありませんか?

yUです。

メルカリで取引を行っていると
様々な方と出逢います。

これはメルカリだけの話ではなく、
他のプラットフォームもそうですし、
人を相手にしている商売であれば
避けられないものです。

今回はもしかしたら経験がある方が
いるかもしれいといった程度の
レアケースのレベルの
トラブルについてです。

ただ、言われたら少しドキッと
するような言葉でもあるので、
事前に知っておいても
良いのかなと思いました。

警察に言いますよ。

上記の文言通りですが、
たまにトラブルが起きて
なかなか解決ができないと

「警察に言いますよ?」

などと言ってくる方がいます。

大前提としてですが、
盗品を販売していたり、
詐欺などの騙すといった行為を
行っていないにも関わらず、
「警察に言いますよ?」と
言われてしまった場合の話です。

本当に法を犯していた場合は論外です。

返金しろ、返品嫌だの言い合い。
商品がイメージと違う。

こういった理由で
言われる可能性があります。

通常であれば当事者同士での
話合いで取引キャンセルで終了。
最悪の場合、メルカリ事務局が
両者に救済処置を行う事で
解決されます。

しかし、そうもいかない
利用者がごく稀に現れます。

警察に言われたらどうなる?

結論から言うと相手が
警察に駆け込んだところで
何も起きません。

話はちゃんと聞いてくれますが、
その後、警察が何か対応する
ということは一切ないです。

返品対応してくれない!
被害届を出したい。

イメージと違ったから詐欺だ!
被害届出したい。

被害届は当然受理されません。

民事事件にも刑事事件になりません。

こんな実例ありました

過去、私のお客さんで
画像と実物の商品が違うから
これは詐欺事件にあたるとして
警察に訴えると言ってきた方が
いました。

要は単なるイメージ違いです。

「これはイメージ違いではない」
「私はそんなミスをしない」
「私は絶対許さない」
「警察に行くから覚悟しなさい」
「絶対に逮捕してやる」

などとと実際に言っていました。

イメージ違いであれば取引を
キャンセルすると伝えたのですが、
わざと画像と違う商品を送られた
ものだとずっと思い込んでおり、
収拾がつかなくなっていました。

最終的に何を言っても聞かないので、
実際に警察に行ってもらいました。

結果は言うまでも有りません。

詐欺ではない。

事件性もない。

刑事も民事も無理。

被害届も受理できない。

と諭されて帰ってきたようです。

・・・当然ですよね。

こんなことで警察が
動くわけがありません。

警察に言われたことで
ようやく冷静になったのか、
その後は大人しく取引キャンセルを
済ませてくれて取引は終了しました。

ちなみにこの購入者の
過去の取引評価を見てみると、

多くの出品者に
「画像と実物のイメージが違う」
という評価をつけまくっている
購入者でした。

常習犯だったのかもしれません。

最後に

脅し文句で「警察」と言うワードを
使って来る方がたまにいますが、
実際に警察に行かれたのは
この時が初めてでした。

しかし、
盗品や偽物を売っていない限り
取引トラブルで警察が動くことは
絶対にあり得ないです。

なので、
取引を始めたばかりの方など、
いきなり「警察」と言うワードを
言われたからといって怯えたり、
相手のいいなりになる
必要は全くありません。

脅し文句として使う方もいますし、
実際に警察に行く方もいますが、
何も起きないので安心して下さい。

友達追加はこちら↓↓↓
友だち追加

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする