メルカリの意外と知らない規約違反!知らなくても襲ってくる凍結や利用制限!

yUです。

メルカリ内で
良かれと思ってやった行為が
実は規約違反だった・・・

そんな行為を2つほど紹介します。

優しさで行ってしまった場合も
知らなかったでは済まされません。

当然利用制限を受けてしまうので
頼まれても断りましょう。

代理出品

たまに商品説明文内で

「友人から頼まれて出品しました」
「家族から頼まれて出品しました」

なんて文言を見かけるかと思います。

こういった出品は規約違反になります。

これに関しては規制は緩めなのか、
よく見かける出品内容です。

理由としては明確なものは
記載されていませんが、

他人の商品を勝手に出品して、
トラブルにならないように。

といったことかと思います。

ただ、代理出品禁止とはいえ、
家の中には持ち主が曖昧な物も
存在するかと思いますし、
色んな理由からメルカリが
できない人もいます。

スマホを持っていない年配の方。
スマホを持っていない未成年の方。
機械が苦手な方。

わざわざ不用品を
出品するためだけに
スマホを入手して
出品するのは大変です。

それであれば最初から
メルカリをやっている人、
家族などに頼むのが
手っ取り早いです。

なので、
持ち主が誰かというよりは
出品者に出品した商品を販売して、
発送する権限があるかどうかに
着目した方が良いかと思います。

「頼まれた」「誰々の◯◯です」
といった文言を記載すると
代理とみなされるので、
責任を持って販売できる商品
であればそういった文言は
記載しない方が良いでしょう。

責任が持てない場合は
代理出品は断る、行わない
といった選択をしましょう。

出品の分割

これは自分から行うことは
なかなかないかと思いますが、
極稀に購入者から依頼される
ケースがあります。

例えば15000円の
商品を出品していたが、
1万円と5千円に分けて
出品ページを作ってほしい。

こんな感じの分割です。

複数の商品をまとめて
専用ページにするということは
よく頼まれるかと思いますが、
その逆パターンです。

これは購入者の支払いの都合上、
こういった依頼を行ってくることが
ありますが、優しさのつもりで
分けてあげるとアウトです。

これに関しては厳しめで
行ってしまうと数時間後に
メルカリ事務局から連絡がきます。

商品の削除と
数時間、数日の利用制限

この場合の商品削除は
購入者が入金済みでも
強制的に削除されるので
本当に重い処分です。

いきなり凍結まではいきませんが、
利用制限は蓄積されているので、
繰り返すと凍結します。

最後に

やってしまいがちな
規約違反を紹介しましたが、
メルカリ的にも規制によって
犯した時の処分の度合いに
差があるようです。

ただ単に、
見つかっていないだけ
という可能性もありますが。

知っているか、知らないかで
避けられる規制はたくさんあります。

知らなかった・・・

たったそれだけでアカウントを
失わないように気をつけて
活動するようにしましょう。

メルカリに関するトラブルや
転売や物販で稼ぎたいという方も
気軽にご相談下さい。

LINE@から友達追加すれば
特典もプレゼント中なので
お見逃しなく!


友だち追加

 

 

転売初心者必見!

 

利益が出なかったら
「完全返金保証付」の

安心オススメ転売塾!

 

オススメのフリマアプリ
自動出品ツール(可動中)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする