時代と共に変化する価値観!6月のメルカリはウエディングドレスが売れる?

yUです。

今月はJune brideですね。

海外では6月に結婚すると
幸せになれると言われており、
日本でもこの文化がすっかり
根付いています。

メルカリでもこの影響を受けて
関連商品を出品している方が
ちらほら出てきています。

ウエディングドレスも出品

関連商品どころか
ほぼ主役級でもある
ウエディングドレス
出品されています。

ウエディングドレスは
買っても1度着てしまったら
あとは思い出に保管するか、
自分の子や孫、親戚に
譲るというパターンが
ほとんどかと思います。

しかし、最近は出品するという
選択肢も増えてきたようです。

時代とともに価値観も
変わってくるということですね。

レンタルだと気を使う。
新品でちゃんとしたやつは高い。
新品でも安物は嫌だ。

こんなことを思う方が多いので、
中古でも気にすることなく、
購入してくれるようです。

出品する側も
ウエディングドレスの販売を
「幸せのバトン」と考えて
出品しているようです。

そのため、

「自分が◯番目のオーナーです。
次の方にお譲りします」

といった表現で出品しています。

不用品を販売しているのではなく、
幸せのバトンを次に託している
といった感じですね。

3〜7月がピーク

ウエディングドレスという
ワードを含んだ商品は3〜7月に
出品数のピークを迎えています。

6月は特に多いです。

もちろん出品されているのは、
ウエディングドレスだけではなく、
ドレスに関連したものも多く
出品されています。

定番なのがハンドメイドの
ウェディンググッズですね。

結婚式場でよく見かける
ウェルカムボード

花嫁さんの髪飾り、
ネッドドレス

式に参加してくれた方への
御礼封筒

などなど。

関連グッズだけでも
たくさん出てきます。

最後に

結婚式で使用したウエディングドレスや
関連グッズを中古として、幸せのバトン
として販売する、そしてそれを購入して
使用する。

今まではあまりなかった
スタイルではありますが、
個人間で簡単に売買ができる
システムができたからだと
思います。

今後も新たなシステムの登場で
新たな価値観が芽生えてくるかも
しれませんね。

友達追加はこちら↓↓↓
友だち追加

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする