メルカリだけではなく、全ての無在庫転売で使用できる在庫管理方法!

yUです。

皆さんは在庫の管理を
どのように行っていますか?

有在庫の場合は
自分で在庫表をつけたり、
外注さんにつけてもらったり、
発送代行会社のシステムで管理したり
などなど様々な方法で管理できます。

在庫がなくなりそうになれば
補充すれば良いですし、
そこまで頻繁に在庫数を
確認する必要はありません。

しかし、無在庫の場合は
そうもいきません。

仕入先の在庫がいつなくなるのか
なんてことは予想ができないので、
頻繁に在庫の確認が必要になります。

無在庫は販売先で商品が売れたのに、
商品がなくて仕入れられなかった
なんてことは1番避けたいので、
最低でも1日1回は確認した方が
良いです。

無在庫の在庫確認方法は
仕入先の商品ページにアクセスして
在庫があるかどうかを見るだけなので、
作業自体はとても簡単ですが、
扱う商品が多ければ多いほど
見るページも増えるので結構
手間になってきます。

しかし、手間や時間をかけずに
簡単に在庫を管理する方法があります。

この方法で在庫管理を行えば
自分で在庫のチェックを
する必要はなくなります。

しかも、1日に4回も在庫確認を
行えるので、より一層在庫切れの
心配がなくなります。

在庫管理ツール

紹介するのが在庫管理ツールです。

このツールを使えば何もせずとも
毎日4回の在庫確認を行ってくれます。

在庫がなくなっていたらメール
教えてくれるシステムです。

なので、在庫切れのメールが
届いたら出品を取り下げる
これだけの作業になります。

在庫管理の仕組み

どのように在庫管理を
行っていくのかということを
少し説明していきます。

まず、最初に商品登録を行います。

商品名、商品URL、価格、在庫ワード
などを登録していきます。

基本的に在庫ワードが商品ページ上に
あるかないかで在庫の有無を
判断していきます。

例えば・・・

商品を購入できる状態の場合、
「購入はこちら」
「カートに入れる」
「商品をカゴに追加」
などといったワードを
クリックして購入画面に
進んだり、商品を購入カゴに
入れたりします。

しかし、売り切れになっていた場合、
こういったクリックできるワードは
なくなってしまいます。

「購入はこちら」とか
「カートに入れる」といったワードが
なくなります。

なくなると代わりに
「売り切れ」「品切れ」など文言は
お店によって異なりますが、
変化します。

このなくなってしまうワードを
在庫ワードとして設定するだけで
在庫確認をしてくれるようになります。

画像で説明するとこんな感じです。


これが通常購入できる状態

文言はお店により異なりますが、
これが購入できない状態

売り切れになったことによって
「ご購入の手続きへ」
「商品をカゴに追加」
といったワードがなくなりました。

このお店の場合、在庫ワードに
「ご購入の手続きへ」もしくは
「商品をカゴに追加」といった
ワードを入力しておくことで、
在庫の有無が判断できます。

要は在庫のある商品ページでは
存在する文言が売り切れになると
なくなってしまうものを在庫ワード
として入力しておけばそれ基準で
判断してくれるということです。

なので、どんな仕入先でも対応可能です。

また、価格でも判断可能です。

例えば仕入れ値が高くなったら
利益が取れなくなって困るから
ある金額に値上がりしてしまったら
在庫がなくなった時と同様に
メールで教えてほしい。

こんな設定もできます。

価格がよく変化する仕入先であれば
こういった機能も役に立ちますね。

最後に

この在庫管理ツールが気になる方は
こちらから詳細が見れます。

イーストライクHP
↓↓↓
詳細はこちらから

イーストライクの他の機能に
関して私がまとめた記事は
こちらから確認が可能です。
↓↓↓
イーストライクの豊富な機能

実は在庫管理の機能だけではなく、
他にも様々な機能やコミュニティ機能
などがあります。

在庫管理はあくまで
おまけ的な機能です。

それでもこれだけ
十分な機能を備えています。

様々な仕入先に対応している
在庫管理のツールはなかなかないので、
ぜひ使用してみてください。

ツールに関して
こんなことはできるの?といった
疑問点や不明点などは気軽に
LINE@からメッセージ下さい。

操作方法に関して分からなければ
実際に操作方法もお教え致します。


友だち追加

 

 

転売初心者必見!

 

利益が出なかったら
「完全返金保証付」の

安心オススメ転売塾!

 

オススメのフリマアプリ
自動出品ツール(可動中)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする