メルカリ転売の停滞期、伸び悩んだ時にするべき効果的な3つの対策!

yUです。

転売をやっていると、
ずっと右肩上がりで
利益が増えていたのに、
急に停滞するときがあります。

利益5万円から伸び悩む人もいれば、
利益10万で、利益30万でなどなど
タイミングは人それぞれです。

こういった時期は
力ずくで闇雲に出品しても
停滞を乗り切ることはできません。

そんな時に
ぜひやってほしいことがあります。

ライバルや市場の様子を調査

同じ商品を扱っているような
ライバル出品者がいる場合は
その方々の様子をちゃんと
チェックしましょう。

同じ商品の売れ行きに差はないか?

などを確認してみて、
自分の商品が明らかに
売れていない場合は何か
原因があるはずです。

価格?商品ページ?出品頻度?
必ず原因があるはずです。

また、流行りや人気は
入れ替わりが激しいので、
先月は流行っていたものも
今はもう需要がなくなっている
可能性があります。

誰も求めていないのに
ずっと出品していては
意味がありません。

流行りが終わったら
後ろ髪を引かれるかもしれませんが、
きっぱり切り捨てて新しい商品を
探しましょう。

商品ページの見直し

踏査を踏まえた上で
商品ページの見直しを行います。

商品が売れて1度軌道に乗ると
見直しをしなくなりがちですが、
小さな軌道修正は必要です。

検索されやすいワードを
新しく入れ込んでみたり、
商品ページの1枚目の
画像を新しくするなどなど。

こういったことだけでも
大きく変化する場合があります。

外注や便利ツールで規模拡大

「今の私にはまだ早い」

こんなことを言う人もいますが、
外注さんや便利ツールは売り上げを
増やしてから使うのではなく、
増やしたい時に使うべきです。

ここで一歩踏み出せると
自分一人ではできなかったことが
色々できるようになるので、
作業効率UPはもちろん、行動量は
今までの数十倍、数百倍になります。

販路拡大

販路が1つしかないという人は
ぜひ販路拡大も行ってみてください。

拡大できる販路としては
メルカリ、新ラクマ(フリル)、
ヤフオク、Amazon、
ヤフーショッピング、
ショッピーズ、モバオク、ebay、
BASE、BUYMA、楽天などなど
難易度や特徴に違いはありますが、
商品を出品して販売する
といった点では同じです。

これだけ販路を広げられる
可能性があるということです。

また、拡大する販路にもよりますが、
すでに商品ページを作成している場合は
その商品ページを使い回すことも可能です。

例えば・・・
メルカリ、新ラクマ、ヤフオク、
ショッピーズ、BASE辺りは
ちょっと変えるだけで
使い回しが可能です。

最後に

最初の目標金額を達成したし、
安定しているという意味では良い
と考える人もいるかもしれませんが、
そう考えるのはとても勿体ないです。

転売・物販はやればやるだけ
結果が付いてくる面白いビジネスです。

伸び悩んでいる方は
今回紹介したことに
是非とも挑戦してみて下さい。

もし、利益◯◯万円から増えない
というように悩んでいる方がいれば
一緒に伸び悩んでいる原因を探り、
解決方法を導き出しましょう。

停滞時期はいち早く
乗り越えるのが吉です。

LINE@から友達申請して、
メッセージ送っていただければ
個別で対応させていただきます。

友達追加はこちら↓↓↓
友だち追加

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする