夢・目標があるなら行動しよう!行動できない人の特徴・できない理由とは?

yUです。

自分のやりたいことがあり、
そのために何をすべきなのか
分かっているのにも関わらず、
行動できない人がいます。

それは何故でしょうか?

それは損得勘定
行動しているからです。

要は常にメリット・デメリットで
物事を考えてしまっているのです。

行動できない人の考え方

行動できない人というのは
こう考えがちです。

「行動しても失敗したら嫌だな」
「結果伴わなければ時間の無駄」

こういったネガティブな考えばかりが
頭に浮かんでしまうので、なかなか
行動に移すことができません。

自分が望む夢は大きい割に
小さなリスクばかりを
気にしています。

こういった考え方は損をします。

そもそも失敗しない人間なんて
いるはずがありません。

「成功者」と呼ばれる人たちも
何度も何度も失敗を乗り越えて
今があるわけです。

仮に失敗があっても、
その失敗の過程から学びが得られます。

つまり失敗=損・無駄ではなく、
失敗は成功に繋がるわけです。

その行動をとることによって、
今度の人生で取り返しのきかなくなる程の
リスクを負う可能性があるのであれば
時間をかけて慎重に考えるべきです。

しかし、普段の生活でそんな
リスクを負うような選択を
迫られることは滅多にないです。

無駄に気にし過ぎなのです。

周りからの洗脳

あとは周りの影響も大きいです。

洗脳と言うと
言い過ぎかもしれませんが、
周りが行動の可能性を
潰している時もあります。

例えば・・・
スポーツ選手になりたい!
歌手になりたい!
自分の会社を持ちたい!

こういった夢を
持っていたとしても

「そんなのどうせ無理だから」
「限られた人しかなれないから」

などと言われていくうちに、
本当はやりたかったことも
行動せずにどうせ無理なんだと
決めつけるようになってしまいます。

実際にまだ何もやってもいないのに
無理と決め付けるのは可笑しいです。

経験から行動の大事さを知る

頭で考えていた答えと
実際に行動してみて出た答えが
異なるなんてことはよくあります。

行動することで今までは
見ることのできなかった
素晴らしい景色もたくさん
見れるようになります。

行動してやってみたら意外とできた
こう思う経験することで人は行動が
大事と気付けるようになります。

こういった経験をたくさんしましょう。

ちなみに、
多くの人は考えてから行動します。

しかし、何事も上手くいく人は
考えながら行動しています。

行動していくうちに間違った方向に
向かっているようであれば
軌道修正をすれば良いだけです。

最初に考えた通りに物事は
進むわけではないので、
常に体と頭を働かせて
行動することが大事です。

最後に

行動したら夢が必ず叶う。
行動しなかったら必ず失敗しない。

未来が見えるわけではないので、
そんな保証はありません。

しかし、
行動しなければ何も始まらないし、
何も変わらないのは事実です。

◯◯したい!
◯◯になりたい!

などと夢や希望を言う人は
ごまんといます。

しかし、行動する人は少ないです。

行動する前に決めるけるのではなく、
自分がどうなりたいのかということを
まずは第一優先に考えましょう。

そうすることで大切な第一歩を
自然と踏み出せるようになります。

友達追加はこちら↓↓↓
友だち追加

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする