転売で古物商許可は必要?取得するための手順と準備するものを紹介

yUです。

「古物商」
転売をしている人、
転売をしようとしている人は
1度ぐらい耳にしたことが
ある言葉かと思います。

商品を転売をする上で
この古物商の許可というのが
必要なのか否かという話は
よく出てきます。

では、実際に必要なのか?
そして、許可を取得する場合の
手順や必要なものを紹介していきます。

古物商許可とは

古物商許可とは
個人や法人で中古品などを仕入れて
店舗やネット上で販売する際に
必要な許可のことをいいます。

また、古物商許可は法律
取得するよう定められています。

しかし、許可を取らなかったがために
逮捕されるといった話は1度も
聞いたことがありません。

それどころか指摘や注意を受けた
という話もありません。

そのため古物商許可を
取っている人はかなり少ないです。

なので、古物商許可は必ずしも
必要不可欠とは言いがたいところです。

ちなみに、販売する目的で
仕入れた場合に該当するので、
使用目的で購入した物を
後に不要になったから販売する
といった場合は必要ありません。

古物商許可の目的

古物商許可が存在する意義としては
盗難品の早期の発見です。

また、仕入れた中古品を偽物だと
全く自覚なく販売してしまった場合でも、
事前に古物商許可を取得していれば
罪に問われることはありません。

なので、自分を守るために
取得しておいても損はありません。

古物商許可取得のために

ここからは古物商許可を取得するための
手順や必要なものを紹介していきます。

下記で紹介するのは
自分で申請を行う方法ですが、
他にも行政書士さんに頼む
という方法もあります。

お金はかかりますが、
簡単に済ませることが可能です。

取得に必要なもの

・個人許可申請書
・身分証明書
・住民票
・登記されていないことの証明書
・略歴書
・誓約書

役所から発行される書類以外は
警察署のホームページから
ダウンロード・印刷が可能です。

取得の手順

上記の必要書類を全て集めて、
記入が必要な書類には記入を行います。

ここまで準備できたら
所在地の警察署の窓口に必要書類
登録手数料を提出するだけです。

登録手数料は
19,000円です。

どちらかというと書類を集めたり、
記入する方が大変かもしれません。

新品も古物商許可は必要?

その名の通り古物商許可というのは
扱う商品が中古というのが大前提です。

しかし、新品だから無関係
というわけでもありません。

許可が必要かどうかの境界線は
仕入れ先が新品のみを扱う
小売店かどうかです。

つまりどういうことかというと・・・

新品と中古を扱っている小売店で
中古の商品を仕入れた場合は
言うまでもなく許可が必要ですが、
中古品を扱っている小売店である以上、
新品であっても許可が必要になります。

例えばTSUTAYAやゲオなんかは
新品・中古品の両方を扱っていますが、
ここで仕入れた物は中古・新品に限らず
許可が必要ということになります。

逆に新品以外扱っていないという
小売店から仕入れる場合は
許可は原則必要ありません。

最後に

古物商許可を取得することは
法律で定められていますが、
今まで罰せられたケースは
ありません。

だからといって
古物商許可はいらないといった
無責任なことは言えません。

なので、許可を得るかどうかは
自己判断・自己責任になります。

質問や相談があれば気軽に
LINEからお問い合わせ下さい。

友達追加はこちら↓↓↓
友だち追加

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする