仕様変更によるメルカリの新規制が判明!規約違反で売上金の没収も?

yUです。

12月4日にメルカリで大幅な
仕様変更がありましたが、
調子はいかがでしょうか?

4日の前日頃はメルカリ側が
システムの変更していたため、
表示にバグもあったようです(笑)

私の方でも4日から本日まで
少し様子を見ていましたが、
現状大きな影響は受けておりません。

出品も問題なくできていますし、
売上金の申請も今まで通り
行うことができました。

しかし、中にはなかなか酷い規制を
受けてしまった人もいるようです。

出品できなくなったとか凍結した
というレベルではありません。

お金に関する話です。

今まで聞いたことのない内容だったので、
今回初めて導入された規制かと思われます。

新たな内容の規制

結論から言うと
「売上金の差し押さえ」
「取引中の取引停止」

要は売上金の没収です。

今までも売上金を没収された
なんて話を聞いたことが
あるかと思います。

それまでの理由としては
売上金の振込期限が過ぎた
犯罪に絡んでいる商品売った
ただ単にログイン情報を忘れた

などなどがよく聞く話です。

しかし、今回は違いました。

メルカリ事務局側からも
売上金を没収する旨の
メッセージも届きます。

なぜ没収されたのか?

ある利用規約違反
犯してしまったからです。

これはすでに明確になっています。

メルカリ事務局からのメッセージで
「〜ということが判明したので・・・」

といった文言があったので確実でしょう。

私が今までよく言っていた
ブラックなノウハウを行っていた場合、
新規制にひっかかる可能性があります。

ブラックなノウハウで一時的に一気に
稼げても、今回の新規制で売上金を
持って行かれてはやる意味が
全くないですよね。

少し脱線しますが、
ブラックなノウハウを提供していた
塾がメルカリ転売から離脱することが
分かりました。

所詮はその程度だったということです。

規制の内容

規制について更に詳しく説明すると、
売上金は差し押さえられますが、
売った商品は戻ってきます。

メルカリ事務局の方で対象の
商品を購入した方に対して
返品、受け取り拒否をするように
促すメッセージが送られます。

なので、売上金の没収というよりは
ある規約違反行為を犯した取引は
最初からなかったことにする
といった感じですね。

ただ、返品の送料は出品者持ちなので
確実にマイナスにはなってしまいます。

梱包にかかった費用や
購入者に送る際の送料なども
当然戻ってきません。

新規制対策

この新規制に対する対策は簡単です。

その規約違反行為をしなければ良いだけです。

ただ、それだけです。

ブラックなノウハウに頼っている方は
この規制にひっかかる可能性が高いです。

取引数が増えれば増えるほど
返品対応、送料負担で大変な
思いをすることになりますね。

詳しい規制の原因、
質問・相談があれば
LINE@から気軽に
お問い合わせ下さい。

 

友だち追加

 

 

 

転売プレイヤー必見!!
転売・物販最強ツール

 

完全返金保証付!
オススメの転売塾

 

オススメのフリマアプリ
自動出品ツール(可動中)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする