厳しくなるメルカリの規制|気付いた頃にはタイムライン非表示

yUです。

最近、メルカリの規制に関して
日に日に厳しくなってきていると感じます。

僕も毎日いろんな出品方法を試して
検証している段階です。

おかげでアカウントがいくつか
ダメになってしまいましたw

しかし、検証していく中で色々
分かってきたこともあるので
決して無駄ではないです。

現在の規制状況

まず、1日10品前後の出品であれば
規制に引っかからないというのは怪しいです。

私の周りで1日10品しか出品していないのに
タイムラインに表示されなくなった
という方が何人かいました。

その方曰く1日に約10品を1〜2時間空けて
出品していたそうですが3、4日後に
規制を受けてしまったようです。

逆に、1日に5〜10分刻みで20出品しても
止まらない人がいます。

おそらくこれは1日単位で見ているのではなく、
数日間のトータル出品数を見ているのでは
という話も出てきています。

しかし、ここの数もまだ明確ではないのが
難しいところです。

今までメルカリ転売を行ってきた人の
ほとんどのは薄利多売の商品を
何アカウントも使って大量出品をする事で
利益を得てきた人が大多数です。

なので、総出品数の抑制は
大きなダメージかと思います。

また、評価が溜まっていれば
ある程度安全という説もありますが、
実際はそんなこともありません。

1000以上評価があるアカウントが
規制の対象になったという話も聞いています。

評価が溜まっていれば多少寛大に
見てもらえるかもしれませんが、
100%安全とは言えなくなりました。

こんな状況でもあるので、
メルカリ専門の高額セミナーでは

お手上げ状態のところも多いようです。

新しい販路を紹介したり、
検証中だったりと多忙なようです。

今後の展開

この状況を打破する方法としては

①新販路の開拓
②ブルーオーシャンの商品をリサーチ
③メルカリの規制対象の条件を探る

①、②は現実的ですが、
③に関しては今の段階では厳しいです。

これからのメルカリ転売では
大量出品しなくても済むような
商品を扱っていくのが良いです。

僕の場合は業者が減ったので、
ほとんど出品しなくても
「いいね」「コメント」が
たくさん付くようになっています。

さらに利益も毎日数万円を
維持しています。

いつまでも昔のやり方に縛られては
今後生き抜いていくのは難しいです。

新しい商品、新しい販路、新しい方法
模索していきましょう。

また、来年の初めにもまた新たな規制が
くることが予想されます。

今回の規制はツール出品者の排除でしたが、
次回は複数アカウント出品者の排除です。

ここも対策が必要になってくるので、
来年は更に転売者が減ってくることでしょう。


友だち追加

 

 

転売初心者必見!

 

利益が出なかったら
「完全返金保証付」の

安心オススメ転売塾!

 

オススメのフリマアプリ
自動出品ツール(可動中)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする