売れ筋の商品を見つけたらそれで終わり?利益を安定させる売れ筋商品との付き合い方!

yUです。

今、あなた出品している商品は
今も本当に売れ筋商品ですか?

また、説明文、画像、価格は
それでまだ大丈夫ですか?

商品には流行りなどもあるので
その商品が常に売れ筋である
という保証はありません。

多くの人は1度売れ筋商品を
見つけると安心してその商品に
関しての調査や修正をあまり
行わなくなってしまいます。

さらに
「この商品は売れ筋だから」
とずっと思い込んでいるので
売れていなくても無駄に
出品し続けている可能性が
高いです。

しかし、残念ながら
商品によっては流行りの
期間に制限があります。

1週間、1ヶ月、
1年以上、数十年、
更にはずっと売れ筋という
商品まで様々です。

なので、
1度売れ筋となった商品も
市場調査やメンテナンスが
必要になります。

商品の市場調査

リサーチした時と同様、
メルカリの場合であれば

いいねの数
コメント数
フォロー数
閲覧数
購入数
ライバルの数
ライバルの出品価格

この辺を定期的に
調査するようにしましょう。

まず、最近本当に
売れているかの確認です。

物販をやっている方であれば
売上票を録っているかと思うので、
これを見れば一目瞭然です。

そこで売れ筋ピークの時と
比べてどうかの確認をします。

ここで注意してほしいのが
売れている数が減ったからといって
その商品が売れ筋ではなくなったと
この時点で思うのはまだ早いです。

そう思う前にライバルの
動向を確認してみて下さい。

ライバルが売れていて
自分だけが売れていない・・・

こんな状況であれば商品が
悪いわけではありません。

この場合多いのが
ライバルが値下げをしている
というケースが多いです。

最近のメルカリはしっかり
価格を調べてから購入する人が
とても増えてきているので、
メルカリ最安値の出品者から
購入しがちな傾向があります。

なので、価格を最安値の
出品者の金額に合わせて
出品するようにしてみて下さい。

あくまで単独最安値を
狙うのではなく、
他と同じ最安値を狙います。

単独最安値を常に目指していくと
価格競争を起こしまくる
結果になります。

これは近い将来必ず
後悔することになります。

売れ筋商品のメンテナンス

あとは画像・説明文も定期的に
変えることもお勧めします。

何度も出品している商品であれば
ユーザーによっては
その画像や説明文を
見慣れてしまっている
可能性があります。

こういった出品ページは
高確率でスルーされます。

画像や説明文を変えるだけで
ページを開いてくれる可能性は
高まりますし、前回の画像や
説明文では購入しなかった
ユーザーが新しい画像や説明文では
購入に至る場合も十分有り得ます。

それだけ商品ページは大事です。

最後に

以上が市場調査とメンテナンスの
話になりますが、リサーチに比べると
時間も手間もかかりません。

面倒と言わずに定期的にこういった
テコ入れを行い軌道修正を
行っていきましょう。


友だち追加

 

 

転売初心者必見!

 

利益が出なかったら
「完全返金保証付」の

安心オススメ転売塾!

 

オススメのフリマアプリ
自動出品ツール(可動中)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする