このサイクルが売れ筋商品の見つけ方の基本!リサーチ術を身に付けよう!

yUです。

売れ筋商品を見つけるまでには
必ず同じサイクルを経ています。

これは初心者も上級者も
変わることなく同じです。

売れ筋商品を探すのであれば
このサイクルを身に付けて
ひたすら繰り返す。

これが大事になってきます。

では、そのサイクルの手順を
1つ1つ紹介していきます。

1、出品する商品を探す

まずは、
自分がリサーチしたい
カテゴリー・ジャンル
を決めます。

「売れている商品」
「利益の取れる商品」

を探したいのは当然なのですが、
その選定の仕方だとリサーチが
かなり大変になります。

なので、
具体的なカテゴリーに
絞り込んでリサーチ
することが大事です。

例えば
アパレルならアパレル。
さらに絞り込めるのであれば
冬なのでコートならコート。

このように絞り込んで
リサーチした方が見る
分母が減るので簡単です。

まずはコートをリサーチ。
次にワンピースをリサーチ。

こういった流れで
カテゴリーごとに
1つ1つリサーチ

していくのも有りです。

2、調査

「売れそう!」

と思った商品が
見つかったら次は調査です。

いくらで仕入れられるのか?
納期はどのぐらいかかるのか?
ライバルは何人いるのか?
1ヶ月で何個売れているのか?
ライバルの売値(相場)はいくらか?

こういったところを確認します。

そもそも相場で出品して
赤字になるようであれば
また商品探しからやり直しです。

また、単純に
ライバルが少なければ良い、
ライバルが多いのはダメ、
というわけではないです。

ライバルの数と
1ヶ月の売れる数も
数字を照らし合わせて
考えることも大事です。

3、出品・検証

仕入先、売値が決まれば
あとは出品していきます。

ただ出品するだけではなく、
ここで検証を行っていきます。

メルカリであれば
「いいねの数」
「コメントの数」
「フォローの数」
「閲覧数」
「購入数」

こういった項目の数に
注目していきましょう。

しかし、
「数が少ない=売れない商品」
と決めつけるのはまだ早いです。

なぜなら数が少ない原因としては
商品自体に問題があるだけではなく、
商品ページ、価格、写真に問題がある
可能性は高いので、その辺も1度
確認する必要があります。

ここを確認しないで終えてしまうと
本当は売れ筋商品だった商品を
逃してしまうので勿体ないです。

なので、ここの検証はとても大事です。

4、売りまくる

検証後、反応を見て良ければ
売れ筋商品を見つけたことになります。

ここまできたらあとは売るだけです。

売りまくって下さい。

最後に

リサーチというのは
上記の1〜4のサイクルを
ひたすら繰り返すことが大事です。

これをひたすら繰り返すことで
売れ筋商品を発見することが
できるようになります。

売れ筋商品を見つけられない
という人はこういったサイクルに
自分を当てはめて行動してみては
いかがでしょうか。


友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする