定型・定型郵便で商品を発送したのに届かない時は◯◯を使って行方を調査しよう!

yUです。

定型・定型外郵便は
追跡番号がついていないという
大きなデメリットはありますが、
安い値段で使用できるため、
利用している人が多い
発送方法かと思います。

追跡番号がないため、
時にはトラブルが起こり得ます。

このようなトラブルになる
ケースはどのような時でしょうか?

そして、その時の解決方法とは
どういったものがあるのでしょうか?

定型・定形外のトラブル

配達中の事故

この事故というのは
配送物を何かしらの理由で
届け先に届けることが
できなかったという事故です。

届け先到着までの過程で紛失した、
もしくは他の住所に届けてしまった。

などが考えられます。

ただ、この配送中の事故は
滅多なことがない限り
起こりません。

本人以外が既に受け取っている

商品は実際に届いているけど、
一緒に住んでいる家族などが
代わりに商品を郵便受けから
取り出している。

このケースは意外と
結構多いです。

家族に確認したら、
親が郵便受けから取り出していた。
同じ寮に住む友人が代わりに
受け取っていた。

などはよくあります。

郵便受けに届くことを知らない

定型・定型外で発送したと言っても、
郵便受けに配達されることを
知らずに、配達員がなかなか
こないと待っていることも
よくあります。

自宅の郵便受けを
定期的に開けない人もいるので、
発送時には「郵便受けに配達される」
と一言添えてあげるのも大切です。

届いているけど嘘をつく

本当は届いているが、
届いていないと言えば
「また商品を送ってくれるかも」
「返金対応してくれるかも」
などといった悪知恵を
働かせることも可能です。

発送した事実に間違いなければ
対応する必要なありません。

どのケースも
追跡番号を付けていれば
届いているかどうかは
一目瞭然です。

しかし、
追跡番号を付けていないと
これらのことが起こる
可能性があり得ます。

では、郵便物が本当に
届いていなかった場合の
解決方法を紹介します。

不着申告の届け

定型・定型外郵便が
相手元に届いていない場合、
「不着申告」を行うことで
郵便物の行方を調査してくれます。

調査費用は無料なので、
気軽に行えます。

申告方法は郵便局の窓口で
「不着申告の届けを出したい」
と伝えるだけです。

そうすれば書類がもらえるので、
必要事項を記入します。

差出人の住所・氏名
受け取り人の住所・氏名
郵便物の大きさ・特徴
いつどこで出したのか

などなど覚えている限り
全て書き出します。

調査の結果は約1週間後に
電話で連絡がきます。

しっかりと調査はしてくれますが、
見つかることは稀だそうです。

ちなみに、
私も数年前に不着申告を
出したことがあります。

その時は届け先の玄関の前で
ボロボロの姿で見つかりました。

詳細は過去の記事で書いているので、
気になった方は見てみて下さい(笑)

結局、追跡番号を付けて
送るというのが
1番安全な
方法になります。

値段も少ししか変わらないので、
追跡番号を付けずに送っている方は
検討してみてはいかがでしょうか?


友だち追加

 

 

転売ユーザー必見!

 

利益が出なかったら
「完全返金保証付」の

安心オススメ転売塾!

 

オススメのフリマアプリ
自動出品ツール(可動中)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする