メールのレスポンスが早い人と遅い人、仕事ができる人はどっち?

yUです。

社会人としてレスポンスの
速さはとても重要です。

ビジネスの世界では

「メールのレスポンスが
早い人ほど仕事ができる」

と言われるほどです。

では、本当に早ければ良いのか
を考えていきたいと思います。

レスポンスが早ければ良い?

たしかに返信が早いだけで
印象は良くなります。

皆さんもそんな経験はないですか?

私も仕事でメールやチャットで
やり取りを行うことがありますが、
返信が早い人の方が安心できます。

急いでいる時も
すぐに対応してくれますし、
話も早く進めることができるので、
良いこと尽くしです。

やり取り回数も増えるので
コミュニケーションを図りやすく
物事が円滑に進みます。

しかし、
早さばかりを求めた結果、
誤字脱字、内容を把握していない、
見当違いな返信だった場合は
適当な返事だなと逆に悪い印象を
与えてしまいます。

なので、早ければ良いという
単純なことではありません。

レスポンスが遅いのは悪い?

では、逆にレスポンスが遅いと
人はどう感じるでしょうか?

「レスポンスが遅い」
それだけで印象が悪くなったり、
不安になってしまいますね。

これも経験があるかと思います。

しかし、
それは性格的な問題だったり、
もしかしたら慎重に物事を
判断してから返信しよう
としている可能性もあります。

また、時間をかけて文章を
作っている場合もあるので、
受け手としては読みやすい
文章だったりもします。

なので、一概に
レスポンスが遅いということが
悪い、仕事ができないとは
直接結びつかないかと思います。

ただ、仮に慎重に考えて
返信しないといけない場合は
まずはその旨を先に
相手に伝えるべきです。

そうすれば考えてくれている
途中だなという状況が分かります。

この1言があるかないかでは
大きく異なります。

結論

ただ単に早く返事をすれば良い
というわけではありません。

かといっていつまでも返信内容を
いつまでも考えてたり、
後回しにしてしまう
のも良くありません。

なので相手が伝えたいことを
いち早く理解する読解力

そして、それに対してのベストな
回答ができる対応能力

これらを身につけられた人こそ
「仕事のできる人」
と言われるのだと思います。


友だち追加

 

 

転売プレイヤー必見!!
転売・物販最強ツール

 

利益が出なかったら
「完全返金保証付」の

安心オススメ転売塾!

 

オススメのフリマアプリ
自動出品ツール(可動中)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする