義烏(イーウー)の福田市場ってどんな場所?効率的な回り方や雰囲気を紹介!

yUです。

前回の記事の続きです。

今記事では福田市場内の
雰囲気や回り方を
紹介していきます。

前記事にも記載しましたが、
東京ドーム30個分の広さなので
かなり広かったです。

私が見たのは1区間の
1ジャンルのみです。

それでも滞在できる時間の
1日半全てを使いましたが
見切れませんでした。

それだけ広いのです。

福田市場の効率的な回り方

私は中国語が全くできないので、
現地のスタッフに通訳や案内を
事前に依頼しておきました。

要はアテンドですね。

これは福田市場に
行くのであれば必須だと
感じました。

なぜなら英語は通じませんし、
中国人同士の交渉の方が
スムーズに物事が進んでいきます。

また、アテンドがいないと絶対に
市場内を効率よく見て回ることが
できません。

道に迷ってしまったり、
何度も同じ道を歩いてしまう
可能性があります。

お金は少し掛かってしまいますが、
払うだけの価値は十分にあります。

相場としては1日(8時間)で
400〜500元です。

日本円にして
約6500円〜8500円です。

1日中交渉や案内をしてもらうので
妥当な金額かと思います。

また、1店舗1店舗
丁寧に見ていったら
本当に見切れないです。

なので、外から店内をチラ見して、
仕入れ対象商品があるのか否かを
見極める動体視力
判断力が必要です。

あとは同じ商品を扱っている
店舗が複数あるので、
お店ごとに価格や最低仕入数、
納期など必要な情報はメモ
しておくことを
オススメします。

福田市場のお店の雰囲気

お店の雰囲気としては
日本みたいに雰囲気の良い
お店ばかりではありません。

もちろん感じの良い方もいますが、
そういった方の方が少ないです。

日本の丁寧な接客に
慣れてしまっていると
福田市場での接客はかなり
無愛想に感じてしまいますw

それはそういうものだと割り切って、
気になった商品があるお店には
積極的に入っていきましょう。

中国語が話せない私ですが、
何も言わないのも感じが悪いので
店舗の敷地に入るときは「你好」
そして見終わったら「謝謝」
とだけ言うようにしていました。

後の交渉や質問は通訳を
してもらって進めていく感じです。

次回はたった1日半で商品を
しいれることができたのか
ということについて書いていきます。


友だち追加

 

 

転売ユーザー必見!

 

利益が出なかったら
「完全返金保証付」の

安心オススメ転売塾!

 

オススメのフリマアプリ
自動出品ツール(可動中)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする