メルカリ、薄利多売も高利少売も両方取り入れていくのが稼ぐ秘訣!

yUです。

前回は薄利多売の
メリット、デメリットの
紹介をしていきましたが、
今回は高利益販売の商品
について説明します。

薄利多売の逆の話なのですが、
薄利多売の反対語がないので、
今回は「高利少売」と一貫して
呼んでいきます。

私の場合、
フリマアプリでの高利益商品は
大体3000〜7000円の
商品になります。

まとめ買いなんかしてもらえたら
1人のお客さんだけで1万円以上
利益を出す時も珍しくありません。

ここだけ聞くととても
おいしい商品だと感じる人も
多いかと思います。

しかし、高利少売の商品にも
メリット、デメリットがあります。

高利少売のメリット

利益額

ここが大きなメリットです。

高利少売の商品は
1商品売っただけで
大きな利益が得られます。

ライバル

高利少売で売るよりも
薄利多売で売っている人が
圧倒的に多いので、
商品が被るということが
あまりありません。

高利少売のデメリット

リサーチ

高利益の商品を探すのは大変です。

扱っている人も少ないので、
誰かの真似をするというよりは、
自分で新たな売れ筋を探すといった
感じでリサーチする形になります。

在庫リスク

有在庫で行う場合、
不要在庫になってしまった時の
リスクが大きいです。

薄利多売商品であれば
10個不要在庫として残ったとしても
1個あたり100円の商品であれば
1000円で済みます。

しかし、高利少売の商品は
仕入れ値も当然高くなるので、
10個不要在庫として残った商品の
仕入れ値が1万円だった場合は
10万円の赤字になります。

評価

薄利多売みたいに毎日
大量に売れるわけではないので、
薄利多売ほど評価は
貯まりにくいです。

クレーム

購入額が高いので、
購入者の期待度も高まります。

なので、過剰表現だったり、
画像を加工し過ぎると
クレームや返品、返金を
受けやすくなってしまいます。

最後に

薄利多売も高利少売も
一長一短です。

特にどちらが良いというのは
ありません。

ただ、初心者が最初に扱うのは
薄利多売商品が良いです。

リサーチもしやすいですし、
有在庫として行う場合も
低資金で仕入れられる上、
リスクが少ないです。

薄利多売に慣れてきたら
高利少売の商品も少しづつ
取り入れていけると良いかと思います。


友だち追加

 

 

転売ユーザー必見!

 

利益が出なかったら
「完全返金保証付」の

安心オススメ転売塾!

 

オススメのフリマアプリ
自動出品ツール(可動中)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする