メルカリは薄利多売でも売れるし稼げる!特徴を理解して販売していこう!

yUです。

皆さんは1商品売って
どのぐらいの利益を
得ていますか?

結構、薄利多売の方が
多いのではないでしょうか?

ちなみに、
私は薄利多売、高利益販売
どちらもアカウントを分けて
運用していますが、
今回は薄利多売について
書いていきます。

高利益販売の話は次回します。

私の場合は薄利多売で
売っている商品の利益は
500〜1000円です。

しかし、極端な出品者だと
商品を300円の価格で出品
している方もいます。

仮に10円で仕入れていたとしても
手数料、送料が引かれることを
考えると利益は200円を切ります。

自分で梱包、発送という手間を
かけてこれだけの利益・・・
どうなんでしょう?

さらに外注さんや発送代行会社に
依頼していたら数円の利益です。

時間、手間はかかりませんが、
やる意味があるのか疑問です。

在庫処分などであれば納得ですが、
そういうわけでもなさそうな人が
多いですね。

上記の方は極端な例ですが、
しっかり利益や手間を考えて
行えば十分利益は取れます。

メリットとデメリットを
知った上で行っていきましょう。

薄利多売のメリット

評価が貯まりやすい

多売なのでかなり早く
評価が貯まります。

規制を回避するためには
評価を貯める必要があるので
これは有効的です。

1日で一気に
10評価以上増えることも
珍しくありません。

高評価、クレームが少ない

そもそも価格が低いので、
購入者側の期待値がそこまで
高くないです。

なので、評価される時に
「画像より良かった」
「想像以上の商品だった」

などのコメント付きで
「良い」評価が付きやすく、
商品に対しての満足度が
高いのでクレームは
かなり少ないです。

低リスク

薄利多売ということは必然的に
仕入れ値自体も安くなるので、
有在庫として抱える場合は
かなりリスクは減らせます。

また、回転率が良いので、
毎日安定的に売れます。

在庫がすぐに売上金に
変わるので運用しやすいです。

リサーチ

薄利多売商品は
扱っている人が多いので、
リサーチすればすぐに見つけ、
自分も簡単に扱うことができます。

薄利多売のデメリット

手間・利益

ここが最大のデメリットです。

冒頭にも少し書きましたが、
たくさん売れるので
作業が大変です。

1人で発送や梱包を
行おうとするとかなりの
時間を費やしてしまいます。

外注さんや発送代行会社に
頼んだ場合は時間や手間は
格段に減りますが、
その分の利益減るので、
薄利がさらに薄利になります。

ちゃんと利益や手間のことを
考えてから売っていかないと
「これ売る意味ある?」と
疑問が出るぐらい超薄利に
なってしまう可能性があります。

ライバル

リサーチがしやすい反面、
やはりライバルが多いです。

また、仕入れ値が安いので
参入障壁も低いです。

多売なのである程度ライバルが
増えても商品は売れます。

しかし、あまりにも
増えすぎると需要が供給を
上回ってしまいます。

これに関しては、
飽和してしまってもリサーチが
しやすいメリットがあるので、
新しい商品を探せば良いだけです。

最後に

以上が
私の感じている薄利多売の
メリット、デメリットです。

「薄利多売では稼げない」
という人も中にはいますが、

そんなことはないです。

500円でも1000円でも
1日に数十件売れれば
十分な利益になります。

では、次回は高利益販売に
ついて書いていきます。


友だち追加

 

 

転売初心者必見!

 

利益が出なかったら
「完全返金保証付」の

安心オススメ転売塾!

 

オススメのフリマアプリ
自動出品ツール(可動中)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする